2019年度 理事長所信

はじめに

私は日田に生まれ37年日田で生活してきました。家庭や仕事等で目まぐるしく進んでいく日々の中、地域の事や地域の人達の事を考えることはとても少なく、自分自身の事で精一杯でした。そんな私が青年会議所に入会し多くの事業に参加することで、諸先輩方、仲間達と出会い私たちが住み暮らす地域の事を考える機会を多く与えて頂きました。そのような機会の中で自分自身何が出来るのだろうと考えました。日田市青年団体連絡協議会の会議に参加したとき、私と同世代の青年たちが熱く地域のことを話し合う姿を見て感銘を受け、ひとりでは解決できないことでも同じ志をもつ仲間がいれば何事にも挑戦でき解決できるのではないかと思いました。一人ひとりの地域を想う熱い気持ちが私たちの未来、地域の未来をより良いものに変えていけると確信しました。65周年を迎えた日田青年会議所は昭和28年の創設以来、連綿と受け継がれてきた地域を想う熱い気持ちがあります。その気持ちがあったからこそ、これまでの歴史があると思います。諸先輩方から受け継いだ想いと私たち一人ひとりの想いを糧に66年目の青年会議所運動へと進みだします


一歩進みだす勇気

66年目の日田青年会議所が進みだす為に必要な事、それは自分自身を信じ何事にも勇気をもって進みだすことです。多くの諸先輩方が卒業され入会年数の浅いメンバーが増えていく中、日田青年会議所にとって一人ひとりの力が必要となっています。これは私たちが住み暮らす日田でも同じことが言えるでしょう。少子高齢化、働き手不足、昨今の幾度となる自然災害などによる不安感により、地域に対する想いが薄れていっているのかもしれません。しかし、このまま放っておけば日田にも私たちにとっても明るい豊かな社会は訪れません。青年と呼ばれる若い我々が一歩進みだす勇気を持ち地域を牽引して行く必要があります。誰かが行動を起こしてくれることを待つのではなく、私たち自身が率先して行動しなければいけません。新しい事や自分で行動を起こすことは勇気がいることだと思います。しかし、動きださなければ何も変わりません。私たちが住み暮らす日田、日田青年会議所、そして私たち自身の為に勇気をもって進みだします。


総務・広報委員会

総務広報委員会は、日田青年会議所にとって軸となる委員会です。月に一度会員が集う例会が青年会議所の運動にとって非常に重要だと考えます。私たちの運動を皆で理解し発信していけるよう各委員会とも連携をとり多くのメンバーが集える例会を構築します。また、広報活動も運動発信として重要な担いとなります。多くの人々に私たちの運動が伝播するようにマスコミ等に積極的に働きかけていきます。そして、財務も重要な担いです。しっかりとした財務管理を行い各委員会がより良い事業ができるよう尽力していきます。


まちづくり委員会

日田青年会議所は、これまで様々なまちづくり事業を行ってまいりました。地域の問題点に耳を傾け地域のニーズに合った事業を構築することで、市民の皆様のまちづくりに対する意識を醸成してまいりました。今後もより良いまちづくりを行っていくために、地域に活気と元気を与えることのできる事業を構築していきます。また、多方面に私たちの運動を広めていくために、他団体との連携を強固にし日田を想う強い気持ちをもった仲間たちと運動を展開していきます。地域を巻き込み共に明るい未来に向かって進みます。


ひとづくり委員会

私たちはこれまで多くの青少年と事業を通して関わってきました。皆が私たちの事業を通して学び考え大きく成長していきました。沢山の人と直接触れ合うことで相手思いやる気持ちや道徳心を学ぶことができます。相手を想い、地域を想う気持ちを醸成していくことが青少年にとって、そして日田にとっても大切なことだと考えます。私たちが青少年たちを明るい未来へと導きます。また、私たち大人も指導する立場を通して成長してきました。青少年の成長が大人を成長させます。これからの未来を担う子供たちと共に成長できる機会を創出します。


組織拡大増強委員会

メンバーの会員拡大は日田青年会議所の運動をより良くしていく為に必要なことです。仲間が増えることは組織を強く強固にします。これからの日田青年会議所の為にも会員拡大に励んでいきます。また、新入会員をはじめ、現役メンバーにも今一度JAYCEEとして学ぶ機会を創出し、メンバー一人ひとりの組織に対する意識を醸成することで何事にも一致団結し運動を行っていける組織を構築していきます。また、国際交流も大事な担いになります。日韓両国は様々な問題を抱えていますが、青年会議所としての交流を通して少しづつではありますがお互い変わりつつあります。最大限のおもてなしをし、相手を気遣う気持ちを持って交流していけば今後もより良い交流に繋がります。これまで以上の気持ちを持って国際交流を行っていきます。


最後に

66年目を迎える日田青年会議所が70周年に向けて進みだします。私たちには未来を変えることの出来る力を秘めています。何事にも正面から向き合い、恐れず勇気をもって進みだしましょう。その先には明るい豊かな社会が待っています。私も全身全霊をもって進んでいきます。66年目の日田青年会議所を皆が笑顔溢れる素晴らしい組織にしましょう。

2019年度スローガン