2020年度 基本方針

副理事長

総務広報委員会 小池 将光

創始より明るい豊かな社会の実現を目指し、先輩方が必死に軌跡を紡いできた日田青年会議所の歴史は67年目を迎えます。目まぐるしい変化をしている時代の中に於いては、先輩方から引き継いだ情熱を胸に、変化を恐れずに進化をしていく、強靭な組織が必要です。まずは、日田青年会議所の方向性と各委員会の運動を共有するために、笑顔が溢れ、減り張りのある明るく楽しいスマートな例会、総会の企画運営を行います。また、会員の皆様から預かった貴重な会費を無駄にしないために、費用対効果を最大限に狙った、事業予算、決算の厳正な確認を行います。さらに、日田青年会議所の有意義な運動を市民の皆様へ周知するために、楽しさが伝わる新しい情報発信、広報活動を行います。そして、日田青年会議所の歴史を作って下さった、日田JCシニアクラブの先輩方と深い絆を結ぶために、敬意と礼節を尽した相互連携を行います。結びに、私たち総務広報委員会は、変化する時代に臆する事なく、笑顔で楽しく進化していけるように勇往邁進してまいります。


まちづくり委員会 貞末 剛

昭和から平成、そして令和へと新しい時代に移り変わる中で、時代が変わっても変わることのない、自然、歴史、文化、人、すなわち日田が誇る多くの宝がこのまちにはあります。しかし、昨今では他の地方自治体と同じく少子高齢化、人口減少など様々な問題が浮き彫りとなっております。この宝を活かし新しい時代に伝えていくことが、我々に課された使命であり、定住人口を増やすことが問題解決の第一歩になると考えます。まずは、日田の魅力を発信し、市民一人ひとりの郷土愛を育成することで、日田に住み続けたいと思えるような事業を構築します。そして市外から人を呼び込み、この魅力を発信する事で日田に住みたいと思えるようなきっかけを作ります。また、日田青年会議所だけではなく市民、行政、各NPO団体とお互いの知識と経験を持ち寄り協働することで、より地域を活性化できるまちづくりを行います。最後に、まちづくり委員会は今までの発想だけではなく、柔軟かつ大胆に新しい時代を突き進んで行きます。


ひとづくり委員会 神川 聖也

現代の子供たちは情報を自由に手に入れ、他のコミュニティーを知ることができ自身の生き方、考え方など容易に学ぶことができる社会で生きています。しかし、個人の力で思いを伝える事、他を慮る気持ちなど、人と接することでしか手に入らない大切なものが薄れているように思えます。また、私たち大人自身も子供に対して正しい教育や指導ができているのか疑問に思える問題が日々マスメディア等で伝えられています。責任世代の大人として子供たちの笑顔を守ることが重要と考えます。まずは、子供たちに対し見本となる存在として私たち大人が成長でき、子供たちも人と接することの喜び、経験を重ね成長できる事業を行います。また、今後更に進化していく時代を生きていく子供たちに、自身の可能性を信じ、未来が夢と希望であふれるような心躍る事業を展開していきます。結びに、今後更に社会が豊かになり時代が進化し続けても、人を想う気持ちを忘れず、子供たちが夢と希望をもてる、そんな社会を目指して邁進してまいります。


総務広報委員会

委員長  木村 友希

67年目を迎える日田青年会議所は、明るい豊かな社会の実現を目指し尽力された先輩方が築き上げた歴史の積み重ねです。積み重ねた歴史は不変の価値があり、われわれはその歴史を継承していかなければなりません。そして、歴史を継承すると共に激動の時代の中においても運動が継続できる変化と進化を畏れない強靭な組織が必要です。強靭な組織創りをするためには、会員同士が想いや情報を共有することが必要だと考えます。そのためにも、日田青年会議所会員が一堂に会し熱い想いを共有できる例会、総会を企画運営します。基本となる例会は正確な設えを行います。また、開催場所を限定せず、これまで以上に明るく楽しいアクティブな例会を仕掛け、想いと情報の共有を促進します。そして、これまで以上に動員を図るために、例会の重要性を会員に理解してもらえるよう良い雰囲気作りを行います。また、財務管理においては公明正大且つ厳格さを持って財源の有効利用を確立し、無駄のない事業構築に尽力します。さらに、日田青年会議所の誇りある運動をSNSやインターネット、マスコミを最大限に活用し、情報発信と広報活動を行います。SNSにおいてはこれまで以上に日田青年会議所の事業を創り出すプロセスを発信します。市民の皆様からの支持を得るために、そして、若い世代の同志を増やすためには、われわれの運動に共感を得てもらわなければなりません。事業の表の部分だけではなく、そのプロセスまで発信することで共感を得る一助となるよう積極的に活用します。また、情熱を持って日田青年会議所の歴史を創って下さった日田JCシニアクラブの先輩方とは、これまで以上に相互連携を図ります。先輩方の経験と知識、そして、われわれの考えを共有する場を設け互いに深い絆を築けるよう運動していきます。最後に、私たち総務広報委員会は激動の時代を受け入れ、変化と進化を畏れない強靭な組織づくりの一端をしっかりと担い、笑顔と活気に満ちた運動を展開するために勇往邁進する所存です。

事業計画

① 例会、総会の企画運営
② 財務管理
③ 各種情報発信及び広報活動
④ シニアクラブとの相互連携


まちづくり委員会

委員長 河津 誠

昭和、平成、そして令和と、新しい時代へ変遷していく中で、産業や経済、人々の社会的価値観が急速に変化してきました。その中で変わることなく受け継がれてきたものが私たちのまち、日田市にはあります。美しい山々や豊富な水などの自然、天領としての歴史、日田祇園などの様々な文化、そしてそこで暮らしている人々。これらはすべて日田の宝です。しかし、このようなまちでも、近年日本全体で進む人口減少が問題となっています。この問題を解決していくことが、新しい時代を突き進む我々に課された使命であり、定住人口の増加へ繋げる事が重要であると考えます。まず、まちづくり委員会としては自然や歴史、文化、そしてそこで暮らしている人々という日田の素晴らしい魅力を発信する事で、市民一人ひとりの郷土愛の醸成と高揚を図ります。この魅力を発見、再認識してもらい、郷土愛が育まれることで、このまちに生まれてよかった、ここで働きたい、日田に帰りたい、住み続けたいと思えるような定住に繋がる事業を構築します。その中で市外からも人を呼び込み、その魅力を認知し、共感してもらい、日田に住んでみたいと思ってもらう事で移住、更には定住に繋がると考えます。そして、まちづくりは日田青年会議所だけではなく、市民や行政、各NPO団体との協働が必要です。それぞれの視点で行われているまちづくりは素晴らしく、郷土を想う気持ちは同じものです。親密な関係性を継続し、互いの知識や経験を持ち寄ることで、今までになかった発想や工夫が盛り込まれたより地域活性化に繋がるまちづくりが出来ると考えます。最後に、先人が守り育ててきた素晴らしい宝でも、何もせず誰にも気付かれなければ新しい時代の波に埋もれてしまいます。この宝を、光り輝くものがここにはあるということをより多くの人に発信し、このまちに誇りをもってもらうために勇往邁進していきます。

事業計画

① 日田の魅力を生かしたまちづくり事業
② 市民、行政、各NPO団体との協働事業


ひとづくり委員会

委員長  冨安 大二郎

昨今の社会ではテクノロジーの進化によりコミュニケーション手段が多様化し、どこでも誰とでもが容易につながることができ、青少年も大人と同様に自らの行動や発言を自由に発信できるようになりました。一方で直接対話の機会は減少し、自らの言葉で相手に伝える力、人を思いやる心といった人と人が対峙する事により身につく能力が薄れるように思えます。また、頻繁に発生する災害時には、相互扶助の精神が必要な中、コミュニケーション能力が低下することは大きな問題と考えます。まずは、直接人と人が向き合い、相手の心を想いながら力を合わせて目標に向かう体験をすることにより、協調性や仲間を思いやる心を育むための大人と子供が成長できる事業を行います。社会問題に対しても、一人ひとりがどのように取り組むかを共に考え、身近なことから行動していく意識付けを行います。また、今後も発生すると予測される災害に対して、実際にどのような行動をすればよいのか、どのような備えをすればよいかを大人と子供が共に学べる防災キャンプの事業を行います。発災時には地域を超えた協力も必要の中、被災した方々への心遣いや支援現場での正しい行動を学ぶことにより、一人でも多くの相互扶助の精神を備える人材を育成しますさらに、青少年が自らの想いや考えを形にし、周囲を巻き込み、思い描いた夢が実現するための支援事業を行います。青少年が自ら考えて行動し、仲間と協力して地域活性化を行う機会を創出することにより、次世代を担う人材育成を行います。最後に、ひとづくり委員会は未来ある青少年と大人たちが様々な体験を通じて濃密な人間関係を構築し、様々な困難に立ち向かうための相互扶助の精神を高める事業を展開していきます。人を想う気持ちの醸成を続けていくことが結果として町を想い、明るい豊かな日田の街に繋がってくると確信しています。ひとづくり委員会は新たなことに挑戦し、勇往邁進します。

事業計画

① 大人と子供が成長できる事業
② 夢が詰まった青少年事業